変遷する

パソコン、スマホを使っている

ios向けアプリ開発のこれまでの変遷

今から5年程度前からスマートフォンとタブレット端末が急速に普及してきました。その結果として、スマートフォンやタブレットで使えるアプリへの需要も大きく増えることになっています。とくにスマートフォンでシェアトップのios向けのアプリは、大手のIT企業の多くがアプリ開発に参入をしてきています。ios向けのアプリ開発では、開発用のプログラムソフトがオンライン経由で無料で手に入る状況が生まれています。そのため、スマートフォンなどのアプリ開発では、大きな初期費用の負担がなくなっています。しかしながら、iosのアプリ市場では、運営会社によってアプリの事前審査が行われた上でアップロードができる体制があります。その結果として、iosでは大手のIT企業が制作した質の高いアプリが多くなっている特徴が出ています。

これまでのios向けのアプリ開発では、ソーシャルゲームなどのエンターテイメント分野をメインとしているIT企業が多かったです。ソーシャルゲームはヒットをすると、大きな収益を上げることができるメリットがあるからです。しかし、ソーシャルゲーム市場では多くのIT企業の参入があり、過当競争が起こってきています。そのため、IT企業では新たな分野でアプリ開発を行う必要性が出てきます。新たな分野としては、健康管理のアプリが挙げられます。今年には腕時計型のウェアラブル端末が発売されます。この端末ではいつも身に付けていることから、日々の健康管理に繋げることに役立つとの期待があります。したがって、今後はウェアラブル端末向けのアプリ開発に力をいれるIT企業が増えていくのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加