携帯電話を使っている人

iosのブランド性

木とスマホ

iosのアプリ開発が盛んに行われています。それはひとえに、iosというブランド性の高いosに対する注目度が高いことを示しています。誰もが、何よりもまず考えることなのです。

フリーミアム

パソコンを使っている

iosのアプリ開発、それによって生み出されたアプリケーションからどのようにして収益を得るか。そのためのモデルのひとつとして、今大いに注目されているのが「フリーミアム」というあり方です。

変遷する

パソコン、スマホを使っている

これまでのios向けのアプリ開発は、ソーシャルゲームなどのエンターテイメント分野をメインとする企業が多く見られました。しかし近年は、健康管理などのアプリを開発する企業が多く見られます。

リッチな機能

キーボード

iosのアプリにも色々ある

iPhoneやiPadが流行してiosのアプリも色々なものが登場しました。以前は簡単な仕様の便利アプリなどが主流でしたが、最近は本格的なゲームアプリからビジネスで日常的に使われるアプリまで幅広くリリースされています。そのため、そのアプリ開発の費用もその仕様によって大きく異なります。簡単なアプリであれば数万円程度で開発することができますが、色々な機能を持った最新のアプリの開発には数千万円という金額が必要になることもあります。システム開発の現場において、iosのアプリ開発ができるエンジニアは非常に重宝されているそうです。開発における彼らの人件費などを考えると、リッチな機能を持つアプリの開発費は今後も高い金額で推移するかもしれません。

実現したい機能をはっきりさせておく

iosのアプリ開発を依頼する際、ある程度正確な費用を把握しておくために重要なことがあります。それはそのアプリで実現したい機能をはっきりさせておくことです。アプリ開発の知識などは必要ありませんが、誰がどのように使うアプリを作りたいかをしっかりと伝えられることが望ましいです。漠然とiosのアプリを作ってほしいという依頼をしても、開発をする人は何を作ってよいか分かりません。お互いにはっきりとしたゴールを持たずに開発を進めてしまうと、開発費も曖昧になりますし、最終的に意図しないものが出来上がってしまうこともあります。既にリリースされているアプリなどを参考にして、自分が作りたいものを明確にするよう意識するとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加